コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

コンタクトに普通の目薬はNG!なぜコンタクト用を使うのか?

コンタクトレンズの中でも、特に多くの方が使用しているソフトタイプの商品は、目から水分を奪いやすく、目が乾燥しやすいという難点があります。快適に、そして何より安全に使い続けるためには、時々目に水分を補ってあげなければなりません。そのために使うアイテムが目薬です。

コンタクトのレンズケースと目薬

しかし、目薬ならどれでも良いわけではありません。コンタクトレンズの装用中は、コンタクト用のものを使用することが勧められます。

コンタクト用の目薬は何が違う?

コンタクト用とそれ以外の目薬の大きな違いは、防腐剤が含まれているかどうかです。ソフトレンズは、水分を吸収しやすい性質を持っています。目薬の水分も例外ではありません。普通の目薬ではレンズが防腐剤を吸収してしまい、直接目に触れることで、目のトラブルを引き起こす可能性があります。レンズの変形や変色の原因にもなるため、コンタクトレンズの装用中は、防腐剤が含有されていないコンタクト用の目薬を使いましょう。

また、目薬は乾燥の軽減目の疲れの改善目のかゆみ・充血の解消結膜炎やものもらいの治療など、商品によって異なる効能を持っています。コンタクト用の目薬は、基本的には目の乾燥を抑え、目に潤いを取り戻す乾燥対策の役割を果たします。効能の面からも、コンタクト用の目薬の使用をおすすめします。

誤った使い方にも注意

普段、何気なく使っている目薬ですが、使い方を誤るとトラブルの原因になります。例えば、目のゴロゴロ感や乾燥感に悩まされ、頻繁に目薬を差している方もいるのではないでしょうか?

全日本民主医療機関連合会によると、目薬は、使い過ぎることで含有されている成分が目を傷つける可能性があるそうです。過剰な使用は避け、適切な頻度で差してください。1日4~5回程度に抑えるのが理想と言われています。

目薬をさす女性

この他、意外と知られていないのは目の周りに垂れた目薬を目の中に入れてはいけないということです。肌についた埃や花粉などの異物が目に入る恐れがあるため、ティッシュなどで拭き取るようにしてください。

近くのドラッグストアで簡単に手に入り、気軽に使えるものの、目薬は薬の一種です。誤った使用方法ではトラブルに繋がるため注意しましょう。



«

処方箋なしで買える理由いろいろ

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について
2021年4月20日

40歳を過ぎる頃から悩まされる方が増えるという老眼。矯正の方法といえば、遠近両用のコンタクトやメガネを使用する方法が一般的です。 最近では、レーシック手術でも治療できるようになりました。  ...
>もっと見る

左右の視力差が大きい「不同視」は、様々な問題を引き起こす原因に
2021年4月13日

眼科で視力を測ってもらった時、右目と左目で視力が違うことがあります。多少の差ならば特に問題にはなりませんが、あまりに差が大きい場合、身体的な症状が現れたり、生活に支障が出たりする可能性があります。  ...
>もっと見る

寝ている間に視力を矯正できるオルソケラトロジーって、どんなコンタクト?
2021年4月6日

一般的に、コンタクトというと、日中に使って夜には外すソフトレンズやハードレンズを思い浮かべる方がほとんどです。しかし、これらとはまた異なる「オルソケラトロジーレンズ」というコンタクトもあります。寝て ...
>もっと見る