コンタクト処方箋不要.net

コンタクト処方箋の期限


公開日:2015/06/10
最終更新日:2021/12/20

コンタクトを購入できるのは、これまでは店舗だけだったのですが、最近は通販でも購入が出来るショップも増えてきています。その際に処方箋の提示が必要になる場合もあるのですが、これには期限の記載もあるので注意しておきましょう。

処方箋の期限は?

実際の所は眼科医によって違ってくるのですが、短い店舗だと併設店舗や提携店舗のみの指定で1日のみ有効と言う場合もあれば、約3ヶ月ほどとある程度の期間を設けてくれている場合もあります。長くてもこの3ヶ月と言う期間の眼科医が多くなりますので、出来るだけ有効期間は長め眺めの所を選び、店舗指定などもない眼科医で検査などをしてもらう方がお得です。

何故処方箋に期限があるのか

処方箋に期限があるのは、視力や目の状態が変化する可能性があるからです。

仕事やゲーム、勉強など、近いところを長時間見続けていると、ピントが近くに固定されやすくなります。こうなってしまうと、近くのところばかりピントが合うようになり、遠くの方がぼやけて見えます。これが、近視が進行する原因です。コンタクトやメガネをして遠くが見えるようになっても、近くを見る習慣を続けると、近視は進行します。近視の進行は、子供だけでなく、大人になっても現れます。近視が進行したら、また遠くが見えるように新しい度数に変更しなければなりません。そのため、定期的に視力を確認し、近視が進んでいないかの確認が必要になります。

さらに、コンタクトは間違った使い方をすると、目に負担がかかります。目に負担がかかったまま放置してしまうと、眼病などの目のトラブルに発展してしまい、危険です。トラブルが起きても初期の段階で気が付いて治療すれば大事に至らないこともあります。しかし、自覚症状がほとんどないトラブルも多く、放置してしまう方が多いのです。放置して、気が付いた時には重症になってしまい、大掛かりな治療や、最悪の場合、失明する可能性も。自覚症状がない場合でも、定期的に検診を受けることで、悪化する前に治療を受けることができます

視力や目の健康状態を確認するために、眼科は処方箋に期限を設けて、定期検診に来るように促しています。

定期的に検診を受けることが大切

この処方箋に関しては、購入の際に必要な視力を始めとした様々なデータがありますので、期限内の物を必ず持っておきましょう。人によっては度が合わなくなったらまたもらい直すというようなやり方をしている人もいます。しかし、度が合わなくなった、と感じなくても定期的に眼科を受診して、その都度処方箋をもらいましょう。処方箋に記されている期間の変更を自分自身で行う事はできませんので、過ぎた場合には再度検査をしてもらって下さい。その方が安心して目の健康状態を損なうことなく利用をしていく事ができるでしょう。



«