コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

コンタクト処方箋発行費用はどのくらい?

医療機関で医師からコンタクトの処方箋を出してもらう場合、費用は国が定めた点数によって決まってきます。
その医療機関で扱っているレンズの患者数の割合で、まず2つに分けます。扱っているレンズの患者数の割合が全体の30%以下ならば「200点」、以上ならば「56点」です。

次に、初診は「270点」、再診は「69点」に決まっています。
初診ならば、初診料(270点)+レンズ検査料(200点)=470点(約4700円)か初診料(270点)+レンズ検査料(56点)=326点(約3260円)になります。それぞれ保険が適用されれば、3割負担ですから1410円、978円、になります。

再診も同様に、再診料(69点)+レンズ検査料(200点)=269点(約2690円)か再診料(69点)+レンズ検査料(56点)=125点(約1250円)になります。同様に保険が適用されれば、807円、375円、になります。これはあくまで問題なく発行されたケースで、もし眼になんらかの異常が認められた場合には別の扱いになります。また、発行は見合わされるでしょう。

医療機関によって自由診療か保険診療かが違うので、できるだけ保険適用になるところで発行してもらうのが良いでしょう。



«

処方箋なしで買える理由いろいろ

近年のコンタクトレンズ使用率の変化について。小・中・高校生の使用率と、コロナ渦での変化
2021年7月14日

年々、視力矯正のためにメガネでなくコンタクトレンズを使用する人が増えていると言われています。特に小・中・高校生といった若年層のコンタクトレンズ使用率の変化は特徴的です。また昨年から今年にかけては、コロ ...
>もっと見る

最長16時間は本当か。コンタクトの正しい装用時間について
2021年6月29日

学校やオフィスで日常的に使うことが増えている使い捨てタイプのコンタクト。朝から晩まで、長時間に渡って装用し続けているという方もいるでしょう。 1日のうち、コンタクトを着けている時間が長いという方 ...
>もっと見る

遠近両用のコンタクトは、通販を含む処方箋不要のショップで購入できるのか?
2021年6月21日

先日のコラムで、乱視用の特殊なコンタクトは、近視用と同じように処方箋がなくても購入できるというお話をしました。 では、同じく特殊な遠近両用のコンタクトはどうでしょう。処方箋がなくても購入できるのでし ...
>もっと見る