コンタクト処方箋不要.net

ハワイにコンタクトレンズを持参する重要性と、処方箋不要で購入する方法について


公開日:2020/02/17
最終更新日:2021/12/06

英語を学ぶために海外留学をする人も珍しくなくなっています。国際交流が盛んな大学であれば、所属する学生全員に海外留学をさせる学部もあります。一昔前まで留学と言えば、お金持ちの学生が行うものというイメージがありましたが、近年は必要経費も低くなり、語学力を向上させるために留学を選択するというも増えています。

留学先で人気が高いのはハワイです。ハワイと言えば観光地というイメージをお持ちの方も多いですが、アメリカ本土と比較して治安が良いことや、日本人が多いゆえに病院等に日本語が分かるスタッフがいるなどの理由から、初めて海外に行く人が多い留学にピッタリの地です。その他にも、仕事でハワイを訪れる人も多くいます。

留学や海外赴任等でハワイを訪れる場合、持って行きたいものは様々あります。その中で忘れてはいけないのはコンタクトレンズです。アメリカには日本のような国民皆保険制度がなく、無保険で診察や治療を受けると高額な医療費を請求されます。また、ハワイでもコンタクトレンズを購入する際は処方箋が必要となるため、留学や海外赴任で長期間ハワイに滞在する場合は、あらかじめコンタクトレンズを持ち込んでおくことをおすすめします。

しかしながら、コンタクトレンズが無くなってしまうこともあるでしょう。保険にも加入していないという場合は、処方箋不要で販売する通販ショップをご利用ください。日本国内に拠点を置いている通販ショップでも、海外への発送を行っていれば、問題なく処方箋不要で購入できます。

ハワイでコンタクトを買うには?

ハワイの眼科で検査を受けてコンタクトを入手する方法と通販を使用してコンタクトを購入する方法があります。

前述したとおりハワイで保険に入っていないと高額な請求を受けることになります。もし値段を気にしないとしてもウォールマートやコストコのような気軽に行けるショッピングセンターの中の検査をしている場所は常に人気で1~2週間待ちだそうです。

コンタクトを手に入れるまで時間に余裕がある場合は通販サイトでの購入がおすすめです。
通販サイトの中にはハワイまで送料無料で届けてくれるサイトもあります!
こちらのサイトではハワイまでの送料が無料で購入できます。
一番はやはり日本からしっかり持っていく事ですが、旅行で忘れてしまった場合や留学先で忘れてしまった場合は通販サイトで購入してみましょう。

ハワイでコンタクトケア用品って買える?

ハワイにある薬局で購入可能です。

日本でも販売されているケア用品をハワイでも購入する事ができるのをご存じですか?
私たちが普段使っているケア用品の中には国内製品だけではなく、国外製品を日本で販売している場合があります。

なので普段使っている商品によっては日本と同じものを使用する事ができるので安心です。また、関税がかからないため日本で購入するよりも安価に同じ商品を購入する事ができるかもしれません。
ケア用品は重くかさばるので現地で調達するのも旅行に身軽に行く方法の一つです。

空港に入ってからでもコンタクトケア用品って買える?

羽田空港では可能ですが、成田空港では難しいかもしれません。

羽田空港には金子眼鏡店があり、コンタクトレンズの取り扱いがあるためコンタクトレンズを忘れてしまっても購入する事が可能です。(2021年12月6日現在では休業中)
成田空港にはEXPRESS GLASSというメガネ店はありますが、コンタクトズの取り扱いはありません。

羽田空港・成田空港ともにメガネ屋はあり、どちらも30分程度でメガネを作ることができるのでもしコンタクトレンズを忘れてしまったらコンタクトを諦めてメガネで生活するのもおすすめです。
コンタクトケア用品はどちらの空港でもドラッグストアが多くあるので、そちらで問題なく購入することができますよ。



«