コンタクト処方箋不要.net

コラム「処方箋ありとなしのショップ、本当にお得なのはどちらか?」

複数のショップを比較してみると、ショップによって商品の価格が異なることが分かります。処方箋が必要なショップのほうが、処方箋不要のショップより欲しい商品を安く販売していることもあります。そのような時、処方箋をもらいコンタクトレンズを購入したほうがお得のように感じられますよね。

病院で処方箋を渡す看護師

しかし、実際はコスパを考えると、処方箋をもらったほうがお得とは言えません。なぜなら、処方箋の発行には少なからず負担が生じるためです。

処方箋をもらう時に生じる負担は?

1つ目は費用です。基本的に、処方箋をもらうためには眼科で検診を受けなければならず、診療費がかかります。

病院の領収証と診察券

2回目以降の定期的な検診では、視力に変化がないか、目に傷や異常がないかを確認します。定期検診にかかる診療費は眼科によって異なり、3割負担で200円前後の場合もあれば、800円前後かかる場合もあります。商品の購入費用に200~800円程度の診療費がプラスされるということです。

また、定期検診の項目は人によって異なります。特に、年齢を重ねると項目が増えるケースもあるため、診療費がより高額になる可能性も考えられます。

2つ目は時間です。眼科に行くと、まず受付をします。その後、検診を受けることになりますが、受付を完了して、すぐに検診を受けられるわけではありません。実際に検診が開始されるまでには待ち時間があります。混雑している眼科では、予約せずに行くと1時間以上待つケースもあります。予約をしていたとしても時間通りに呼ばれるとは限りません。

また、検診を終えた後も支払いをしなければ帰ることができません。混雑している眼科では、検診終了後、支払いに呼ばれるまでの待ち時間も長くかかります。

コスパ重視の時は処方箋不要のショップを利用しましょう

以上のように、処方箋の発行には費用時間の面で負担が生じます。そのため、処方箋ありのショップのほうが販売価格が安い場合であっても、実際は処方箋をもらわずに商品を購入するほうがコスパに優れていると言えます。

処方箋は、安全にコンタクトレンズを使うために確認されるものです。視力に変化がないか、コンタクトレンズを装用して違和感を覚えないかなど、自分の目の状態についてしっかりと把握できているならば、購入のたびに発行してもらわなくても問題ありません。

処方箋がなくても安く商品を購入できるショップは数多くあるため、コスパを重視するならば処方箋不要のショップをおすすめします。

そうはいっても、定期検診や処方箋が重要であることに変わりはありません。目安として、3ヶ月に1回は処方箋をもらうようにしましょう。



«