コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

初めてカラコンを使う時に眼科に行かないと起こり得るトラブルとは?

瞳の色を変える、瞳をより強調するなどの効果があるカラコン。現代の女性にとっては、オシャレをする時のマストアイテムと言っても過言ではありません。

年齢制限がないので、早い人は中学生の頃には、すでに使用した経験があるそうです。

反対に、これから初めて使用するという方もいるかもしれません。

ここでは、初めてカラコンを使用する方に向けて、眼科を受診する必要性について解説します。

初めてカラコンを使う時に眼科に行かないと起こり得るトラブルとは?|コンタクト処方箋不要.net

なぜ眼科の受診が必要か

カラコンは視力を矯正する目的ではなく、オシャレ目的で使用するアイテムです。このため医療機器という認識が薄い方が多くいます。

しかし厚生労働省は明確に、カラコンは医療機器であると述べています。

“平成21年11月4日より、視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズ(以下、おしゃれ用カラーコンタクトレンズ)については、視力補正用コンタクトレンズと同じように高度管理医療機器として医薬品医療機器法の規制対象となっています。”

おしゃれ用カラーコンタクトレンズについて|厚生労働省より引用)

いわゆる「度なし」と呼ばれる度数の入っていないレンズを使う方も、最初は必ず眼科で検査を受けなければなりません

なぜ眼科の受診が必要か|コンタクト処方箋不要.net

検査を受けずにカラコンを使った場合、次のようなトラブルが起こる可能性があります。

痛みを感じたり、レンズがずれたりする

人の目は球形をしています。しかし、人によってその形は様々。目の表面のカーブ度合いも人それぞれ違います。

目の表面のカーブ度合いと、レンズのカーブ度合いが合わないと、目が締め付けられるような痛みを感じたり、レンズがずれたりします。

自分の目に合ったカーブ度合いは、処方箋に書かれる「BC(ベースカーブ)」の欄で確認できます。この処方箋をもらうために、検査を受ける必要があります。

誤った使い方をしてしまう

高度管理医療機器は、適切に取り扱わなければトラブルの可能性が高いとされている医療機器です。使い方を間違えると眼病になったり、最悪の場合、失明したりする危険性があります。

眼科に行くことで、レンズの装着の仕方やはずし方、ケア方法、保管方法、使用している最中の注意点など、トラブルを防ぐ正しい使い方を教えてもらえます。

この他にも、そもそも目の状態やアレルギーの有無によって、カラコンの使用ができない方もいます。

自分がカラコンを使えるかを調べるためにも、目が良い・悪いに関係なく、初めてカラコンを使う前には眼科を受診する必要があります。

初めての方におすすめ。安全に使いやすいカラコンの紹介

正しい使い方をすることはもちろんですが、どんな商品を選ぶかも目の安全に大きく関わります。カラーやデザインだけではなく、安全性にも注目して、購入する商品を選びましょう。

ここからは、初めてカラコンを使う方向けに、安全性を考えた工夫がされたおすすめのカラコンを紹介します。商品選びに悩んでいる方は参考にしてください。

次世代素材を採用。ラルムシリコンハイドロゲルダブルモイストUV

ラルムシリコンハイドロゲルダブルモイストUV

ラルムシリコンハイドロゲルダブルモイストUVは、クリアコンタクトでは次世代素材として有名な「シリコーンハイドロゲル素材」を使っています。

酸素透過性が高く、目にたっぷりの酸素が触れるので、目が酸欠になりにくいです。酸欠が原因で眼病になる心配を減らせます

低含水率で目の乾燥を抑える。トパーズワンデー

トパーズワンデー

トパーズワンデーは、レンズ内に含まれる水分量が38%と、他の商品に比べて少なめです。

水分量が少ないレンズは、瞳から涙を奪いにくいため、目の乾燥を抑えられます。長時間装用する方や、ドライアイの方でも使いやすいです。

紫外線から目を守れる。ネオサイトワンデーシエルUV

ネオサイトワンデーシエルUV

ネオサイトワンデーシエルUVは、クリアコンタクトの販売もしている有名メーカー・アイレ社の商品です。

UVカット機能がついていて、目に入る紫外線のうちUV-Aを83%、UV-Bを98%カットします。

紫外線のダメージから目を守ってくれるので、日差しの下でも安全に使いやすいです。

安全性が高いとはいえ、どれも医療機器に変わりありません。正しい使い方をして、楽しくオシャレをしてください。



«

処方箋なしで買える理由いろいろ

初めてカラコンを使う時に眼科に行かないと起こり得るトラブルとは?
2021年4月30日

瞳の色を変える、瞳をより強調するなどの効果があるカラコン。現代の女性にとっては、オシャレをする時のマストアイテムと言っても過言ではありません。 年齢制限がないので、早い人は中学生の頃には、すで ...
>もっと見る

利き目の調べ方を紹介。利き目とコンタクトの関係についてもお話しします
2021年4月27日

文字を書く、箸を持つなど、日常で主に使う側の手を利き手と言います。 同じように、ものを見た時により情報を認識しやすい側の目を「利き目(ききめ)」と言います。専門的には「優位眼(ゆういがん)」と ...
>もっと見る

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について
2021年4月20日

40歳を過ぎる頃から悩まされる方が増えるという老眼。矯正の方法といえば、遠近両用のコンタクトやメガネを使用する方法が一般的です。 最近では、レーシック手術でも治療できるようになりました。  ...
>もっと見る