コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

毎日の習慣で目を大切に

仕事でもプライベートでも、現代人は目を酷使する機会が増えています。これに伴い、視力の低下や疲れ目に悩まされる方も増えています。

目は一生使う器官です。できるだけ良い状態を維持できるように普段から大切にしましょう。

目の状態をチェックする女性

体の健康を考えた時、多くの方はまず日々の習慣を見直し、改善します。

目も同じです。毎日の習慣は目の健康に大きく関わっています。習慣を見直すことで目への負担を減らし、目の健康を維持することができます。

では、目を大切にするための習慣にはどのようなものがあるでしょうか?確認してみましょう。

質の良い睡眠をとる

眠る女性

充分な睡眠時間が確保できていない時や、夜中に何度も目が覚めてしまった時など、まぶたが重くだるいような感じがします。鏡を見ると、目が充血していることもあります。

これは、満足な睡眠ができずに目が疲れていることから現れる症状です。睡眠不足が続くと眼精疲労ドライアイの原因になるため、毎日質の良い睡眠をとる必要があります。

眠る2時間前までに入浴を済ませるように意識すると、睡眠の質を高めることができます。この時、シャワーだけで済ませるのではなく、湯船につかって体を温めることが大切です。

湯船につかることは、深部体温という体の内部の温度を上げる効果があります。入浴によって上がった深部体温が、眠るまでに徐々に下がることで体が眠りやすい状態を作ります。

反対に、睡眠の質を下げると言われているのは寝る前にスマートフォンのようなブルーライトを放つ液晶画面を見ることです。脳が夜と朝の区別をしにくくなり、寝つきが悪くなります。

寝る前にカフェインアルコールを摂取することも避けましょう。カフェインは、本来眠る時に活発になるべき副交感神経の働きを抑制してしまいます。アルコールは、分解のために発生するアセトアルデヒドが深い眠りを妨げてしまいます。

楽な姿勢で車を運転する

車の運転

車を運転する時は信号や対向車、歩行者、標識など、いろいろなものに注意を払わなければなりません。頻繁に目のピント調整がされるため、目が酷使されて疲れやすいです。

運転中の疲れ目は事故にも繋がるため、目への負担を減らすよう、特に気を付けましょう。

目の負担を軽減するための大きなポイントとしては、楽な姿勢で運転することが挙げられます。体に負荷がかかっていると目も疲れやすくなります。運転している時に体が緊張しないように、運転前にシートの高さや角度を調節するようにしてください。

運転時にしっかりとピント調整ができる環境を整えることも大切です。

例えば、度数があっていないコンタクトレンズを使っているピントを正しく調整できません。目が疲れやすいため、度数があっていないと感じたら眼科を受診して、適切な度数のコンタクトレンズを使うようにしてください。

目の紫外線対策をする

サングラスをかけている女性

肌の紫外線対策をする方は多いかもしれませんが、目の紫外線対策に関してはそれほど重要視されていません。しかし、目に紫外線ダメージが蓄積すると、白内障のような眼病のリスクが向上します。

一般的に紫外線が強い時期は夏ですが、時期に関わらず紫外線は目に届きます。UVカット機能がついているコンタクトレンズやサングラスなどで、1年を通して目の紫外線対策をすることが推奨されます。

また、雪や水面に反射した紫外線は、空から直接降り注ぐ紫外線よりも強いパワーを持っているため、レジャーで雪山や水辺に行く際も紫外線対策を忘れないようにしましょう。

目をリラックスさせる

遠くを見る男性

近くのものを見る時、目には大きな負担がかかっています。本を読んだり、スマートフォンを見たりする時は、1時間につき10分ほどの休憩をとり、目を休めるようにしてください。

この時、なるべく遠くを見ることが大切です。遠くを見ると、目の周りにある毛様体筋という筋肉が緩み、目がリラックスします。

目を閉じて、温めたタオルを目の上に置くこともおすすめです。目を温めて血行を良くすることでも毛様体筋は緩み、目をリラックスさせることができます。

以上に挙げたような習慣を取り入れることで、視力の低下を多少緩和させたり、疲れ目を改善したりすることができます。どれも簡単に始められることです。できることから試してみてはいかがでしょうか?



«

処方箋なしで買える理由いろいろ

夜更かしは目の病気の原因に。正しい時間に眠って目の健康を維持しましょう
2020年10月20日

現代は照明を使うことで、昼夜問わず活動をすることが可能になっています。そのため、夜は必ずしも眠りに就く時間とは考えられていません。むしろ、活動する時間として捉えている方もいます。 夜に ...
>もっと見る

目のかすみは「スマホ老眼」の可能性が。対策方法について解説
2020年10月14日

近くのものを見た時に目がかすむ。このような症状に悩まされる方が増えています。可能性の1つとして「スマホ老眼」の症状だと考えられます。 スマホ老眼は、近くのものを見る時に目がかすむという ...
>もっと見る

目元を温めるとどんな効果があるのか?正しい温め方とともに紹介
2020年10月6日

目のケア方法について調べていると、よく「目元を温める」という言葉を目にします。眼科医にも推奨されていると言われる目元の温めには、どのような効果があるのでしょうか? 目元を温める効果は大 ...
>もっと見る