コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

目やにが白い時は要注意。ウイルス性結膜炎の可能性があります

朝起きた時、目頭や目尻に目やにがついていたという経験は誰もがあると思います。そのような時の目やには、たいてい黄色っぽい色をしています。しかし、時にいつもより白っぽいこともあります

目を擦る画像

目やにの性質がいつもと異なる時、結膜(白目)が炎症を起こす結膜炎」の可能性があります。目の充血かゆみ流涙などの症状が現れる病気です。原因によってウイルス性アレルギー性細菌性に分類され、ウイルスが原因である場合、白い目やにが見られます

3種類のウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎には、以下の3種類があります。

①流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)

アデノウイルスが原因で起こる病気です。一般的に「はやり目」と呼ばれます。感染力が強く、直接的な接触や、ものを介しての接触によって感染します。

②咽頭結膜炎(いんとうけつまくえん)

アデノウイルスが原因で起こる病気です。特に、子どもの間で流行しやすいです。プールを介して感染することから、「プール熱」とも呼ばれます。のどの痛みや38~39度の発熱も併せて症状として現れます。

③急性出血性結膜炎(きゅうせいしゅっけつせいけつまくえん)

エンテロウイルスやコクサッキーウイルスが原因で起こる病気です。まぶたの腫れや異物感の他、結膜下出血のような出血の症状を伴います。

いずれの病気も、他人に移る可能性があります。そのため、目やにが白いことに気づいたら眼科クリニックで診察を受けましょう。ウイルス性だと診断されたならば外出を控え、他人に接触しないよう注意してください。

治療方法は?

ウイルス性結膜炎を治療するための薬はなく、自然に治癒することを待つしかありません。治癒には通常1~2週間程度かかります。目を擦ると角膜が傷つき、別の感染症を発症する可能性があるため、かゆくても目を擦らないようにしてください。眼科で処方される点眼薬を使うことで、かゆみの症状を緩和することは可能です。

診察中の画像

病気を予防するには?

最後に、予防方法についてお話します。ウイルス性結膜炎の感染経路は2つあります。

1つは「接触感染」です。手指に触れる、感染者が触れたものを触ることでウイルスが移ります。感染者との接触 はできるだけ避けてください。また、感染者が触れたタオルやハンカチの使用もやめましょう。

もう1つの経路は「飛沫感染」です。接触感染より可能性は低いものの、咳やくしゃみで飛散した唾液を介して感染する恐れがあります。唾液は会話でも飛散します。こちらも感染者との接触を避けることで、感染のリスクを減らせます。

手洗いの画像

経路に関わらず、もっとも大切なのは目を清潔に保つことです。特に目に触れる時、手指にウイルスが付着していると、病気を発症するリスクを高めてしまいます。目を触ることは極力避け、どうしても必要な場合は事前に石鹸でしっかりと手を洗ってください。目やになどの付着物を取る場合、タオルやハンカチよりは使い捨てのティッシュペーパーを使うと、ウイルスが移りにくいです。



«

処方箋なしで買える理由いろいろ

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について
2021年4月20日

40歳を過ぎる頃から悩まされる方が増えるという老眼。矯正の方法といえば、遠近両用のコンタクトやメガネを使用する方法が一般的です。 最近では、レーシック手術でも治療できるようになりました。  ...
>もっと見る

左右の視力差が大きい「不同視」は、様々な問題を引き起こす原因に
2021年4月13日

眼科で視力を測ってもらった時、右目と左目で視力が違うことがあります。多少の差ならば特に問題にはなりませんが、あまりに差が大きい場合、身体的な症状が現れたり、生活に支障が出たりする可能性があります。  ...
>もっと見る

寝ている間に視力を矯正できるオルソケラトロジーって、どんなコンタクト?
2021年4月6日

一般的に、コンタクトというと、日中に使って夜には外すソフトレンズやハードレンズを思い浮かべる方がほとんどです。しかし、これらとはまた異なる「オルソケラトロジーレンズ」というコンタクトもあります。寝て ...
>もっと見る