コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について

40歳を過ぎる頃から悩まされる方が増えるという老眼。矯正の方法といえば、遠近両用のコンタクトやメガネを使用する方法が一般的です。

最近では、レーシック手術でも治療できるようになりました。

この他、症状や目の状態によっては、「モノビジョン」と呼ばれる方法で老眼を矯正することも可能です。

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について|コンタクト処方箋不要.net

モノビジョンとは

モノビジョンとは、左右の目に異なる度数のレンズを入れる視力の矯正方法を指します。

人の目は年齢を重ねると、「水晶体」という組織が硬化します。水晶体が硬化すると、近くの物を見た時に、ピント合わせがしにくくなります。この状態が老眼です。

モノビジョンでは、片方の目に近くが見えるように調整されたレンズを、もう片方の目に遠くが見えるように調整されたレンズを装用します

「それでは片目が見づらいままなのでは」と思われがちですが、脳が自動的に見えている像を補正してくれるので、どちらの目でもはっきりと物が見えるようになります。

前回のコラムでご紹介した不同視も、このモノビジョンの方法で矯正できます。

不同視について、詳細はこちら→左右の視力差が大きい「不同視」は、様々な問題を引き起こす原因に

モノビジョンによる視力の矯正では、コンタクトを使用する他、左右に異なる度数のレンズを入れたメガネを使用することもあります。

モノビジョンとは|コンタクト処方箋不要.net

モノビジョンの問題点

モノビジョンによる視力矯正の効果は、すぐに現れるわけではありません。左右の見え方が違う状態に、脳が適応するまでに時間がかかります。適応までの時間は人によって大きく異なるため、すぐに見え方を矯正したい方には向いていません

加えて人によっては、モノビジョンによる視力の矯正が難しい方もいます。例えば斜位がある方や斜視の方は、モノビジョンにするべきではないと言われています。

メガネの場合、あまりに左右の度数の差が大きいと、見え方が違う状態に脳が対応できず、眼精疲労の原因になることもあります。

“眼鏡をモノビジョンにすると左右の度数が大きく異なると脳が対応しきれず、眼精疲労や頭痛が起こり長時間使用することができません。”

433.モノビジョンについて|池袋サンシャイン通り眼科診療所より引用)

このように、問題点も多いモノビジョンでの視力矯正は、必ず医師の指示を受けて行わなければなりません

モノビジョンの問題点|コンタクト処方箋不要.net

老眼の矯正には遠近両用のコンタクトがおすすめ

モノビジョンによる視力の矯正に不安がある方や、医師によってモノビジョンが認められなかった方は、遠近両用のコンタクトをご利用ください。

遠近両用のコンタクトは、レンズに複数の度数が入っているので、装用した瞬間から近くの物も遠くの物も、はっきりと見ることができます。

老眼の矯正には遠近両用のコンタクトがおすすめ|コンタクト処方箋不要.net

近視用に比べると種類は限られるものの、ジョンソン&ジョンソンアルコンクーパービジョンなど、有名メーカーによって製造・販売されている商品があります。

ワンデーアキュビューモイスト マルチフォーカル(ジョンソン&ジョンソン)

柔らかな素材でできたレンズは、瞳に自然に馴染みます。加えてレンズのフチが薄くなめらかになっているので、違和感が少なく、スムーズにまばたきができます

デイリーズ トータルワン マルチフォーカル(アルコン)

生レンズの別称でお馴染みの、つけ心地に優れた商品です。レンズの表面と中央部で水分の含有量を変えることで、瞳から涙を奪いにくいながらも、柔らかく目に馴染む装用感です。

バイオフィニティ マルチフォーカル(クーパービジョン)

うるおいベールが様々な汚れの付着を防ぐ、2weekタイプの商品です。コストパフォーマンスが高いので、毎日使用したい方におすすめ。14日間、汚れに悩まされずに使えます

商品ごとに使用感やつけ心地が変わるので、眼科医と相談して自分に合った製品を見つけ、使いましょう。



«

処方箋なしで買える理由いろいろ

初めてカラコンを使う時に眼科に行かないと起こり得るトラブルとは?
2021年4月30日

瞳の色を変える、瞳をより強調するなどの効果があるカラコン。現代の女性にとっては、オシャレをする時のマストアイテムと言っても過言ではありません。 年齢制限がないので、早い人は中学生の頃には、すで ...
>もっと見る

利き目の調べ方を紹介。利き目とコンタクトの関係についてもお話しします
2021年4月27日

文字を書く、箸を持つなど、日常で主に使う側の手を利き手と言います。 同じように、ものを見た時により情報を認識しやすい側の目を「利き目(ききめ)」と言います。専門的には「優位眼(ゆういがん)」と ...
>もっと見る

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について
2021年4月20日

40歳を過ぎる頃から悩まされる方が増えるという老眼。矯正の方法といえば、遠近両用のコンタクトやメガネを使用する方法が一般的です。 最近では、レーシック手術でも治療できるようになりました。  ...
>もっと見る