コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

雪山でのウィンタースポーツでは「雪目」に注意

スキーやスノボーなどのウィンタースポーツは、雪が降り積もる冬だからこそできること。今からスキー場へ行く計画を立てている方は多いのではないでしょうか。他の季節では見られない純白の雪景色を眺めながら雪山を滑り降りるのは、とても楽しいですよね。

雪山でのウィンタースポーツでは「雪目」に注意|コンタクト処方箋不要.net

ウィンタースポーツをする時は、外傷や骨折といった体の怪我が心配になります。一方で「目へのダメージ」については、考えたことがありますか?ウィンタースポーツをするのは一面真っ白な雪山のスキー場。この雪山、実は目にダメージを与え、眼障害を引き起こす要素を備えています。

スキー場で起こる眼障害とは

雪目(ゆきめ)」という眼障害があります。正しくは「雪眼炎(せつがんえん)」と言い、角膜の表面が傷つき、炎症を起こした状態のことを指します。結膜の充血や異物感、強い痛みなどの症状を伴う障害です。原因は雪に反射した「紫外線」にあります。

スキー場で起こる眼障害とは|コンタクト処方箋不要.net

地上に降り注いでいる紫外線が目にダメージを与えることは、以前にご紹介しました。詳しくはこちらのコラムをご覧ください。→「目の紫外線対策でトラブルを予防しましょう

一般的に紫外線の光がもっとも強いと言われているのは夏の時期です。多くの方が日焼けを気にするのも夏の時期でしょう。しかし雪山では、夏以上に注意が必要とさえ言われます。

雪山のように雪が積もった場所は、空からの光が雪に反射します。すると「降り注いだ光」と「反射された光」、2種類の紫外線の光を同時に浴びることになるため、ダメージも2倍になります。そのため雪山でウィンタースポーツを楽しむならば、UV対策が欠かせません。

スキー場でできるUV対策法は?

目のUV対策をする方法は3つ。つばの広い帽子や日傘を使う方法と、UVカットサングラスを使う方法、UVカット機能つきのコンタクトレンズを使う方法があります。

スキー場でできるUV対策法は?|コンタクト処方箋不要.net

このうち特におすすめなのは、コンタクトレンズを使う方法です。ウィンタースポーツをしている最中は、つばの広い帽子や日傘は邪魔になります。ゴーグルがあるため、サングラスも使えません。コンタクトレンズならば、ゴーグルをしていても装用でき、ウィンタースポーツを楽しんでいる最中も邪魔になりません。

例えばジョンソン・エンド・ジョンソンが販売している「ワンデーアキュビュー オアシス」は、量が多いUV-A波を約96%、影響が大きいUV-B波を約99%カットします。雪山でウィンタースポーツをする時にご利用ください。

ワンデーアキュビュー オアシスの購入はこちら

ただしコンタクトレンズは、それ1つで完全にUV対策ができるわけではありません。ウィンタースポーツをする時は、UVカットできるゴーグルを併用しましょう。そして万が一雪眼炎が疑われたら、眼科で診察を受けてください。

雪山の他には海水浴場でも、UV対策をしなければ海面に反射した光が原因で、雪眼炎と同様の症状が現れる可能性があります。しっかりとUV対策をして目の健康を守りましょう。



«

処方箋なしで買える理由いろいろ

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について
2021年4月20日

40歳を過ぎる頃から悩まされる方が増えるという老眼。矯正の方法といえば、遠近両用のコンタクトやメガネを使用する方法が一般的です。 最近では、レーシック手術でも治療できるようになりました。  ...
>もっと見る

左右の視力差が大きい「不同視」は、様々な問題を引き起こす原因に
2021年4月13日

眼科で視力を測ってもらった時、右目と左目で視力が違うことがあります。多少の差ならば特に問題にはなりませんが、あまりに差が大きい場合、身体的な症状が現れたり、生活に支障が出たりする可能性があります。  ...
>もっと見る

寝ている間に視力を矯正できるオルソケラトロジーって、どんなコンタクト?
2021年4月6日

一般的に、コンタクトというと、日中に使って夜には外すソフトレンズやハードレンズを思い浮かべる方がほとんどです。しかし、これらとはまた異なる「オルソケラトロジーレンズ」というコンタクトもあります。寝て ...
>もっと見る