コンタクト処方箋不要.net
初めての方はお得です! 初めて購入を
検討される方へ
みんなの疑問
Q&Aコーナー
処方箋なしで購入
そのワケは…?

ボシュロム

ボシュロム

ボシュロム社は、カナダに本部を置くBausch Health Companies Inc.のグループ会社です。本社はアメリカにあり、日本では東京都品川にあるボシュロム・ジャパン社が製品の販売を行っています。

ボシュロム社では、コンタクトレンズだけではなく、コンタクトレンズのケア用品や眼科用医薬品、眼内レンズなどの高品質なアイヘルス製品を取り扱っています。主力商品は使い捨てのソフトコンタクトレンズ「メダリスト」です。近視用だけではなく、乱視用、遠近両用レンズも多くの製品を販売しており、特に「メダリスト」シリーズの遠近両用レンズ「メダリストマルチフォーカル」では50%近いシェアを、乱視用の「メダリスト66トーリック」では60%シェアを誇ります。また、レンズケア用品の「ReNu」はシェアナンバーワンを保っています。その他にも、目に優しい「アントシアニン」を多く含む北欧産ビルベリーを配合したサプリメントなどの販売を行っています。

ボシュロム社のコンタクトレンズと言えば「メダリスト」ですが、他にもおすすめの製品は数多くあります。ワンデー使い捨てレンズなら、「バイオトゥルーワンデー」もおすすめです。世界初の生体模倣技術から生まれた新素材「ハイパージェル」により、心地よさとうるおいが1日中続きます。今までのコンタクトレンズでは目の乾燥が気になっていた人におすすめです。

ボシュロム社のコンタクトレンズは、日本では実店舗のみの取り扱いのため、日本版パッケージ製品を通販で取り扱っているサイトはありません。しかし、海外から海外流通パッケージのものを輸入することで、国内でも通販で購入することができます。海外版パッケージと日本版パッケージの違いは見た目のみで、中身は同じものです。

今すぐ購入できるボシュロム商品はこちら

ソフレンズ38(ボシュロムメダリストプラス)

朝から晩まで、快適に使い続けられるように工夫されています。装用中の不快感に悩む方におすすめです。1日あたりのコストが安い、経済的な2weekタイプなので日常的に使えます。

ソフレンズ38 ソフレンズ38(ボシュロムメダリストプラス)を処方箋不要で購入できるお店はこちら

ソフレンズ59(ボシュロムメダリストⅡ)

見え方に配慮した独自のデザインと、水分をたっぷり含んだレンズが瞳になじむ、2weekのコンタクトレンズです。つけ心地が良く、経済的にも優れています。毎日快適にコンタクトを使いたい方におすすめの商品です。

ソフレンズ59 ソフレンズ59(ボシュロムメダリストⅡ)を処方箋不要で購入できるお店はこちら

ラッセル ダイヤモンド

数あるサークルレンズのうちの1つ「ラッセル ダイヤモンド」は、ボシュロム社によって販売されています。ラッセル ダイヤモンドという商品名から窺えるように、ダイヤモンドカットのような美しいデザインのサークルレンズです。BLUE GLACIER(ブルー・グレイシャー)、GOLD CHAMPAGNE(ゴールド・シャンパン)、PINK ROSE(ピンク・ロゼ)の3カラーが用意されています。

ラッセルダイヤモンド ラッセル ダイヤモンドを処方箋不要で購入できるお店はこちら

ニューソフレンズワンデー

デザイン、保存液、素材の3つの要素が、涙のうるおいを長時間に渡り持続させる。そんなボシュロムの人気コンタクトレンズがニューソフレンズワンデーです。目の乾きに悩む方や装用時の違和感に悩む方におすすめします。

ニューソフレンズワンデー ニューソフレンズワンデーを処方箋不要で購入できるお店はこちら

ウルトラトーリック

新技術と独自構造でうるおいと酸素を高水準でキープ。16時間装用後も変わらないうるおいを保つ2ウィークソフトコンタクトレンズ。

ボシュロムウルトラ ウルトラトーリックを処方箋不要で購入できるお店はこちら

バイオトゥルーワンデー

生体模倣技術から生まれた世界初の独自素材「ハイパージェル」と涙の仕組みを応用した「うるおいバリア機能」でレンズと目の乾燥を低減。また、優れた酸素透過性により、瞳の健康にも配慮したソフトコンタクトです。

バイオトゥルーワンデー バイオトゥルーワンデーを処方箋不要で購入できるお店はこちら

処方箋なしで買える理由いろいろ

初めてカラコンを使う時に眼科に行かないと起こり得るトラブルとは?
2021年4月30日

瞳の色を変える、瞳をより強調するなどの効果があるカラコン。現代の女性にとっては、オシャレをする時のマストアイテムと言っても過言ではありません。 年齢制限がないので、早い人は中学生の頃には、すで ...
>もっと見る

利き目の調べ方を紹介。利き目とコンタクトの関係についてもお話しします
2021年4月27日

文字を書く、箸を持つなど、日常で主に使う側の手を利き手と言います。 同じように、ものを見た時により情報を認識しやすい側の目を「利き目(ききめ)」と言います。専門的には「優位眼(ゆういがん)」と ...
>もっと見る

老眼を矯正できる「モノビジョン」とは。矯正の仕組みと問題点について
2021年4月20日

40歳を過ぎる頃から悩まされる方が増えるという老眼。矯正の方法といえば、遠近両用のコンタクトやメガネを使用する方法が一般的です。 最近では、レーシック手術でも治療できるようになりました。  ...
>もっと見る